ラフレター from オーストラリアのアデレード

アクセスカウンタ

zoom RSS レター # 241 1月11日(水) 避暑の正月の話

<<   作成日時 : 2012/01/11 22:00   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 40歳の半ばになって人生最高の正月を迎えた。最高といっても宝くじが当たったわけでも、街で浜省と出くわしたわけでもない。1月1日としては我が人生観測史上最高気温となる41℃を記録したのである。
 というより、記録することがわかったので、直前に逃げたのである。
 というか、実際は逃げ切れなかったという、最高に悲しい年明けである……。

 事の発端は12月30日の天気予報。それまでの予報ではアデレードの元日の最高気温は39℃だったが、急に41℃まで上昇した。自他ともに認める暑がりの妻がこの2℃の致命的な差に黙っているはずはない。家族会議の結果、議長である“ツマの一声”で新年早々キャンプに出掛けることとなり、「正月はゆっくり家で酒でも」という父の切ない願いは、蜃気楼のごとく儚く消えていくのであった。

 行き先の地は予想最高気温31度。我が家から少しでも南極に近くなる南方面の海の近くで、妻がエリア別の気温を検索して「ここが一番涼しい!」と探し出した場所にあるキャラバンパーク(キャンピングカーやテント、コテージ専用の宿泊地)。2泊の寝どこはキャンピングカーでもコテージでもなく、エアコンがついていない我が家定番のテントであった。

 熱帯夜のため家族4人で冷房のある部屋(家の中に一つしかない)に雑魚寝して迎えた新年の暑い朝、乾杯のビールもほどほどにキャンプ地への避暑旅行に向けていそいそと準備を開始。その甲斐あって41℃となる前に何とかアデレードを脱出することに成功したのだった。

画像

       目指すは海。南オーストラリアの海はきれいだ。


 ところが、避暑とはいえキャンプ地はアデレードから100kmしか離れていない場所。40℃はないにしても、炎天下でのキャンプ設営中は何度も死にそうになった。しかしその分、何とか設営を終えて入ったきれいな海の冷たい水は、まさにオアシス。さらにシャワーを浴びていただくビールと凍らせて持参した刺身での手巻きずしに「最高の正月」かも、と心地よい気分となるのであった。が、その数時間後に悟った。甘かった……。

 暑い! 夜になっても気温が下がらず、テントをときおり通りぬける風は温く、ヒジョーに寝苦しい。こんなに寝苦しい夜がこれまであっただろうか! おまけに隣のテントのグループがいつまでも騒々しい! 反対側のキャンピングカーのエアコンの音は煩いばかりでなく、羨ましい! 
 ネムレナイ……。
 夜中に何度か眠りに落ちそうな瞬間はあったものの、そんなときにオトには「オシッコ」と言われ、寝相の悪いヒヨには足蹴りを食らわされ、結局殆ど眠れない元旦の夜となった。
 初夢どころでは、ない。正月早々の悪夢であった。

 翌朝、腫れぼったい瞼のまま妻に宣言した。「今日は帰って家で寝る!」
 といいつつも、1日海で遊んで再びテントに帰ってみると、前の日よりは空気が涼しい雰囲気で、隣の騒々しいグループも半分が撤収し、反対側のキャンピングカーもいなくなっていた。つい気が緩み2本目のビールを空けた瞬間に決まった、再びここで寝ることが。しかし「今日は大丈夫だろう」と思った数時間後に気付いた。甘かった……。

 疲れもあって寝入りは順調だったが、今度は思わぬものに起こされたのだった。テントを激しく打つ雨、そして一気に押し寄せる冷気である。今日は寒くて、ネムレナイ……。

 急な思いつきで出掛けた新年早々の避暑キャンプ。本当はもっと過ごしやすいはずだったのに……。でも実はそのキャラバンパークは、思っていたよりも海から内陸に入ったところにあり、おまけに周りは小高い丘に囲まれた盆地だったのである。インターネットの気温情報だけではわからないものである。結局暑さからは逃れられず、それを恨むと今度は寒さに襲われてしまった今回のキャンプは波乱万丈の2012年を暗示するものなのだろうか。

 でも、なにはともあれ、ヒヨとオトは海を思いっきり楽しむことができたようだ。幼いころの楽しい夏休みの1頁としてずっと憶えているような小旅行となってくれたのなら、やはり最高の正月だったのかもしれない。

画像

        この2人はいつかこの海を懐かしく思い出すのだろうか?


 ところで、ずっと憶えている、といえば今回父の記憶にずっと残るであろう出来事はいくつもあったが、一番インパクトがあったことはオトと並んでの“立ちショ○”だろう。
1年前はまだオムツだったのに、いつの間にかキャンプ場のトイレで2人並んで用を足すようになるとは。オトも一丁前になったものである。でも、今度はパンツを濡らさずにもっとうまくできるように今年1年精進して欲しいものである。

 我が家は訳のわからない年明けとなりましたが、本年もよろしくお願いします!











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あらあら〜。
寒くて眠れないとは盲点でしたね。風邪はひきませんでしたか?
では、お家でゆっくりと乾杯を楽しんでくださいね。
ではでは、今年もよろしくお願いします。
よろしくといえば、年賀状出したのですけど、もしかして移転前の住所だったのかな?この件は、また後ほど。
とう
2012/01/12 09:46
とうさん、

ね、ね、年賀状、、、、
前の住所だったりしますね、きっと……。
新しい住所をお伝えしていなかったようなので。。。
スミマセン&残念です
が、今年もよろしくお願いします!

新しい住所はまた別途ご連絡しますね。
(またすぐに引越しになったりする可能性も無きにしも非ずですが……)
ちぢちち
2012/01/16 20:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
レター # 241 1月11日(水) 避暑の正月の話 ラフレター from オーストラリアのアデレード/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる