ラフレター from オーストラリアのアデレード

アクセスカウンタ

zoom RSS レター # 237 11月2日(水) まくってる?の話

<<   作成日時 : 2011/11/02 21:41   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 先週、縁起でもないような本当の話を書いたところ、日本にいる70歳になる母親から「お前はまだ早い」とお叱りをいただいた。ついでに「夏のビーチバレーは考え直した方が」とも。先週は少し大袈裟に書き過ぎてしまったようで心配を掛けてしまい申し訳ないが、こちらは大丈夫。夏の緩い空気の中、無理をせずに(これが大事!)楽しんでいければと思う。

画像

       今年も薄紫色のジャカランダの花が咲き始めた。夏ももう近い!

画像



 夏といえば、それを待ちきれないでいるのは、ゆる〜いことが好きなオトである。
 最近の我が家の朝はオトのこの言葉で始まる。
 「まくってる!」

 競馬の絵本を読んでいるわけではない。
 前の晩、騒ぎまくっていた近所の家に怒りまくっているわけでもない。
 (実は最近、こちらに来て3年半経つこれまでの中でも最高レベルとなる“ご近所馬鹿騒ぎ事件”があった。庭を挟んで対面となる家には若者たちが一軒家をシェアして何人かで住んでいるようだが、これまでたまに少し騒々しいことはあっても、夜10時頃を過ぎると静かになっていったものだった。
 ところが今回は違った。暖かくなってきた陽気のせいか、夕方から始まったそのパーティーは勢いが違う。フルボリュームの音楽、重低音のズン、ズンという地響き、そして「キャー、ウォー」という意味不明な叫び声。数十人はいたに違いない。乗りまくっている。「今回も10時頃には…」などという淡い期待はあっさり裏切られ、彼らのテンションとこちらの怒りのボルテージはともに競い合うように上昇するばかり。
 やむを得ず、いつもより早かったが、善は急げとばかりに10時45分、警察を呼んだ。この3年半で近所の騒音で警察を呼んだのはこれで5回目になるか。オーストラリアで騒音から逃れるのは無理なのか……。
 警察が来たのか、数十分後急に音楽のボリュームが下がった。が、その後再びボリュームが上がったり下がったりを繰り返しながら、結局静まったのは2時30分頃。
 夏はこれが厄介な季節でもある……。

 オトから音へと逸れてしまったが、話を戻すと、オトが異様なまでにこだわるのは、袖や丈が“捲れている”か、ということである。そう、彼が“まくってる”と言う場合、それは半袖と半ズボンのことを指すのだ。おまけに、半ズボンのときは決して靴下を履いてはならず、靴下を履かないときは靴を履いてはならない、というのが頑固なオトのルール。そのため、例え肌寒い日でも朝から半袖、半ズボン、そしてサンダルもしくは裸足というゆる〜い姿が彼のベストコーディネーションとなっている。もう完全にオージー、である。

 さらに顔に似合わず、自称オシャレなオトは1日何回もお色直しをする。
 ちょっと姿が見えなくなったと思えば、自分の洋服ダンスのある部屋から新しい“まくってる”を身にまとって出てくる。出された服をそのまま着るなど、もっての外。オトの服が入った引き出しはいつも開けっぱなしで、その中にはその日ボツとなった“まくってる”達が無造作に放置されている。

 “まくってる”が貧乏臭く映らないよう、早く本格的な夏が来て欲しいものである。
 そして今年の春もクシャミをしまくった父としても、夏の到来は待ち遠しい。

 オトよ、今年の夏は色々と“まくって”楽しんで行こう!

 (今回の話もまくり気味??)











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レター # 237 11月2日(水) まくってる?の話 ラフレター from オーストラリアのアデレード/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる